COMPANYカンパニー

ホームカンパニー
社長室執行役員、華山翔太のコトバ。 photoCover

COMPANY

社長室執行役員、華山翔太のコトバ。2017.07.31

 

社長室。その役割と、本当の意味。

はじめまして。クラウンネットワークシステムズの華山翔太です。

今回、弊社に新設された社長室で、執行役員として努めさせて頂きます。

 

これまでになかった社長室を新設する理由。それは、

「現場の力を最大限に発揮するための環境作りをする」

ということに他なりません。

 

端的に言えば、社内連携の強化です。

現場で起こる大小様々な問題を一元的に吸い上げ、

社内共有し、適材適所に情報を迅速に配する。

これを更に高いレベルで行なっていきたい。

こんな部署があるようで確立はされていなかった。

それに対するアンサーが、今回生まれた社長室です。

 

もちろんその逆もしかり、です。

会社の意志を、社長の想いを正確に現場に伝達する部署。

誤解されることなく、会社が向かうべき未来を指し示す部署。

 

つまり、

 

連携をスムーズに取ることでいかに働きやすい環境づくりをしてゆくか。

現場だけではなく、本社部門といったところまで作業的負担や無駄をいかに軽減するか。

そして、組織としての意識をいかに取りまとめるか。

それらの部分で、社長室としての機能が問われるわけです。

 

 

 

私はクラウンネットワークシステムズへ来る前、建築業界にいました。

まったく違う業界ではありますが、

そこでも私は管理職としてチームを指揮し、連携の円滑化を図っていました。

まったく違う世界も経験しているからこそ気づける問題点もあれば、

外へ向けて発信すべき魅力もまだまだ眠っているはずです。

 

そしてまた、「連携」をとり、「プラン」を立て、現場のプロが「実行」し、効果を「測定」する。

そういった基本的なことに業界の区別はないはずです。

また、仕事も組織も「人」が創り上げるもの。様々なチャレンジの結果として、成果があります。

だからこそ、「人」が最大限の力を発揮できる環境が必要なのです。

私はそう信じています。

 

今、パチンコ業界は変革の時期

体力のない企業は淘汰されてゆくでしょう。しかしその先にはチャンスが待っています。

だからこそ今、基礎を固め、質の充実を図るべきなのです。

費用を投資してでも、働きやすさを追求すべきなのです。

そのために社長室が、そして私がすべきことは山積みです。

しかしとても、挑みがいのある仕事だと思っています。

そして会社が向かうべき未来を予想すると、心のうちから力が湧いてくるようです。

そんな楽しみを共有できるメンバーと、これからも一緒に会社を創ってゆきたい。

今の私にあるのは、ただこの想いだけです。

 

 

 

困難な時こそ挑み続ける気持ちを忘れない。

ワクワクする未来のために、

クラウンネットワークシステムズは変化を続けて行く。

 

株式会社クラウンネットワークシステムズ

社長室 執行役員 華山翔太

btn_01 NO
(c)CROWN NETWORK SYSTEMS Inc.